無料受験相談・資料請求

浪人生には2種類いる!あなたはどっち?

授業をしない塾の武田塾茂原校です☆

今回は浪人生についてです。

ちょっと重い話になるかもしれません…

ハートが弱い人はバックしても構いませんよ

◆浪人生には2種類いる!

大きく分けると2種類います。

この記事を読んでくれている人が、どっちのタイプかによって大学に合格する可能性が全く違うのです。

これは多くの浪人生を見てきて思うことなのです(・´з`・)

あなたはどっちに当てはまりそうでしょうか?

不合格になった原因が分かっている人と分かっていない人

シンプルに言ってしまえば、まさにこれです。

浪人生とは少なくとも一度は大学受験を経験している人が圧倒的に多いはずです。

(事情があり受験ができなかった人は、この話に該当しません)

受けた大学の数にもよりますが、落ちたという事実は変わらないはず。

合格できなかったのには、何かしらの理由があるはずですよね。

それをしっかり自覚できているかいないかで、翌年に大学受験で合格できるかが変わってきます。

不合格になった原因が分かっていない人が多すぎる!

これはですね~根深い難しい問題なのです。

不合格になった原因は単純明快で、簡単に言ってしまえば勉強不足ですよね。

志望する大学によって試験の難しさは違いますが、自分が志望していた大学に落ちたということは力が足りなかったのです。

しかし、この事実をしっかり受け止めることはかなり難しい。

自分ができなかったという事実と向き合うのはとてもしんどいからです。

さらに、現役時では自分なりに勉強はしていたはずなんですよね。

全く勉強していなかったわけではないので、「いやいや!自分はちゃんと勉強してましたよ!」と抗議したくなる気持ちも分かります。

しかし落ちてしまったということは、あなたの勉強は足りなかったということなのです。

◆不合格になった原因が分からない理由とは?

きっと、分かっているつもりになっている人が多いと思います。

勉強が足りなかった理由は分かってるよ、だから後ちょっと勉強すれば合格できるよね?

これがまた多い!

違うんです!

この人は、やっぱり原因が分かっていない人なのです!

え⁉この考えじゃダメなの?と疑問に思ったそこのあなた!

ピンチ!かもしれません。

自分の学力と志望校までの差を把握できていない

残念ながら大学受験というものは、漠然と勉強を頑張っても結果は得られません。

ある一定の基準があります。

もちろん基準を超えても、同じ大学を志望しているライバルが自分よりも高い点数を取ってしまうと自分が合格する枠は減ります。

受験生であったならば、それなりに勉強をしていたとは思います。

問題集を開いて解いたり、単語を覚えようとしたり。

しかし、自分なりにやってもダメなのです。

試験とは過程を評価してくれるものではなく、結果しか評価してくれないからです。

自分が思うよりも実力が足りていない

浪人した時に思うことは、もう一年勉強すれば受かるだろう…という前向きなような楽観的なような感覚ではないでしょうか?

確かに合っています。

もう一年必死で勉強すればやれないことはないです。

しかし、どのくらい勉強しなければならないか把握できていますか?

それを把握する為には、自分の実力を客観視する必要があります。

模試をチェックするのも一つの手ですが、分析が下手な人が多いです。

模試を見ても偏差値や判定だけ見て終わる人もいます。

まあ…河合塾模試くらいのレベルでA判定取れていればそれなりに実力があるとも言えますが、そうではない場合は模試を見てもただ見て終わっている人が多いのではないでしょうか?

特に過去問を解きまくって勉強した気になっている人は、自分がそこそこ勉強できると勘違いしている可能性が高いです。

同じ問題を繰り返せば誰だって解けるようになります。

大切なのは初見の問題に対した時の実力です。

その事実から目を背けてはいけないのです!

◆実力を把握しなければならない理由!

実力とか志望校のレベルとか考えたってムダムダ~

要はやればいいんでしょ!

という主人公みたいな発言する人も注意です。

それって、分析するのが面倒もしくは怖いからじゃないですか?

自分の実力を直視するのは誰でも嫌ですね。

しかし、逃げてばかりではいられないのです。

実力を把握しないと無駄な勉強をしてしまう

現状を理解せず、勘違いしたまま勉強するとどういうことが起きるのか?

おそらく、去年と同じ勉強をしてしまいます。

すると、どうなるのか?

去年の勉強では落ちましたね、今年も同じ勉強して受かります??

答えはNO!

人間は同じことを繰り返してしまうのですよね。

自分は基礎力はついていると勘違いした人は、応用問題ばかり解いてしまうでしょう。

一見ちゃんと勉強していそうですが、基礎が実は身についていない状態で応用問題を解いてもステップアップになりません。

付け焼刃です。

勉強をしている気持ちになり気持ちがいいのでしょうけど、初見だとボロボロなんじゃないでしょうか?

このように実力をしっかり把握して、原点に戻る勉強が必要です。

ここまで厳しいことを書きましたが、多くの浪人生がこの状態だと思います。

武田塾は一人一人のレベルに合う段階から志望校まで必要な勉強量を全て提示します。

心配な人は武田塾の無料受験相談をご利用ください☆

『無料受験相談』_______________

武田塾茂原校では随時無料の受験相談を行っております。
志望校選び、正しい勉強方法、偏差値を上げる方法、将来のこと、どんな内容でも個別に対応いたしております。

【武田塾茂原校 茂原の個別指導塾・予備校】
〒297-0023
千葉県茂原市千代田町
Nビル 1F
外房線 茂原駅 徒歩1分

TEL:0475-44-5106
Mail:mobara@takeda.tv

アクセスはコチラ!


関連記事