無料受験相談・資料請求

浪人生がやりがちな失敗例とは?

授業をしない塾の武田塾茂原校です☆

梅雨が明けて本格的に暑くなってきましたな!

みなさん、体調管理にはくれぐれも注意をはらいましょう。

勉強に熱中するのは大変よろしいのですが、熱中症になってはいけません。

水分補給!塩分!スポーツ飲料!でも、飲みすぎは禁物!

あと栄養分!

夏バテしている人もいるかもしれませんが、ちゃんと食事はとりましょう!

さて、今回は浪人生の失敗例についてご紹介します。

受験勉強に対して中だるみしている人も、今から本腰を入れて勉強しようとする人もいることでしょう。

そんな甘い受験生に失敗例を提示することによって、意識を正してもらいたいと思います。

今なら間に合いますもんね。

◆浪人生の失敗例!

大学受験と浪人生はセットなのではないかというくらいの絶妙な組み合わせ!

志望大学が高ければ高い程、浪人する人は多いでしょう。

滑り止め大学で手を打つこともできたはず、なのにもう一年受験勉強をするということですよね。

せっかく浪人するなら間違った勉強をしたくはありませんよね。

というわけで、よくある失敗例をご紹介します。

時間があり過ぎて有効に勉強できない!

人はなぜ、時間があると時間を無駄にしてしまうのでしょう(´;ω;`)

忙しかった現役生の方が必死に勉強していたような気がする…

浪人生は学校など時間にしばられない状態なので、本来なら1日24時間自由に使えるわけですね。

しかし、浪人生の合格率が下がる一番の要因と言っても過言でないのがこの時間を使いこなせないというもの。

丸1日暇な状態だと危機感がなくなり、結果的に現役生よりも勉強していない状態になってしまっている人が多いのです。

さらに生活リズムが乱れるので、昼夜逆転になり自己管理できずにぐーたらして体調も崩すという最悪な状態へΣ(゚Д゚)

学校があると嫌でも朝起きますからね。

失ってみて、初めてありがたみが分かるというやつです。

自己管理が上手くできない人は、独学に向いていないので塾や予備校などに所属するのも手ですね。

現役生の頃よりも難しい参考書に手を出す!

え⁉何が問題なの?と思うかもしれませんね。

自分が不合格だった原因をしっかり分析できていない人が陥る失敗です。

原因が難易度の高い問題演習不足だったと思い込み、レベルに合わない参考書や応用問題集に手を出してしまうのです。

これ、とても恐ろしい失敗です。

本人は大真面目に勉強をしているつもりですからね…

でも、それはあなたの為になっていない可能性があります。

多くの人が、大学受験に不合格している原因は基礎不足なんですよね。

もちろん難関大学の入試であと1点足りなかったあ~みたいな状況なら基礎よりも演習が必要でしょうけど。

そうでなければ、基礎をやり直した方が良いのです。

浪人生は時間があるので、基礎をしっかり定着させることを心がけましょう。

遠回りに見えて近道なのです!

間違えを正すなら今がラストチャンス⁉

この記事を読んで、はっ!この間違いやっちゃってるよ!と思ったそこのあなた。

大丈夫です。

まだ間に合います。

今から間違いを正しましょう!

まずは身体が資本なので、生活リズムを整え勉強時間を確保してください。

その上で勉強している教材を確認しましょう。

基礎および暗記は大丈夫でしょうか?

難しい英語の長文問題を辞書を使いながら解いている場合、単純に単語不足の可能性があります。

辞書を引きながら問題が解けても意味ありませんからね!

何も使わない状態で解かなければ、本番できませんからね!

過去問だけひたすら繰り返し解いている人とかいますが、同じ問題を暗記しても本番は同じ問題出ませんからね!

大切なことは全て基礎なのです。

分かりましたか?

それでも自分の勉強方法に不安をおぼえている人は、武田塾茂原校の無料受験相談に来てみてくださいね~

『無料受験相談』_______________

武田塾茂原校では随時無料の受験相談を行っております。
志望校選び、正しい勉強方法、偏差値を上げる方法、将来のこと、どんな内容でも個別に対応いたしております。

【武田塾茂原校 茂原の個別指導塾・予備校】
〒297-0023
千葉県茂原市千代田町
Nビル 1F
外房線 茂原駅 徒歩1分

TEL:0475-44-5106
Mail:mobara@takeda.tv

アクセスはコチラ!


関連記事