無料受験相談・資料請求

行きたい大学と受かりやすい大学が違ったらどっちを選ぶべき?

授業をしない塾の武田塾茂原校です☆

もう冬っすね。

今年終わりますね。

受験生の皆さんは、志望校決まりましたか?

出願時期を考えると、そろそろファイナルジャッジですよ。

第一志望だけではなく、併願校もしっかり決めていきましょう。

さて、この時期になると時々相談に来る内容として「行きたい大学と受かりやすい大学、どちらを選ぶべきでしょうか?」的な質問があります。

まあ、行きたい大学と受かりやすい大学が違ってくることは多いですね。

なぜなら、多くの人が行きたい大学とは人気も難易度も高い大学だからです。

大学のネームブランドって魅力的ですもんね。

それだけで選んじゃう学生も多いのではないでしょうか?

具体的に将来やりたいことが決まっていない高校生は圧倒的に多いので、就職から逆算して大学を選ぶ場合「とりあえず有名なところ~」と考えるのは当然でしょう。

しかし、人気が高く難易度も高いとなれば受かるのは難しいわけです。

現実的に入試日が迫ってくると、このままじゃ志望校受からないかも…受かる大学を選ぼうかな?と悩むわけですね。

でも、諦めたくないなぁという気持ちが強い人は相談しに来るわけです。

すっぱり諦めたら相談には来ないでしょうし(;^_^A

もし同じような悩みを抱えている人は、是非この記事を読んでくださいね☆

◆そもそも論!大学は受からないと意味がない!

しょっぱなからバッサリいかせていただきやす!

入試直前期で行きたい大学に受かることが厳しいという判断になった場合、受かりやすい大学を設定しなければ進学先がなくなる可能性があります。

この大学に行きたい!という強い気持ちは受験生なら誰でも抱いていると思いますが、誰でも入学できるわけではないのが大学です。

その大学で学べるだけの知識があるかどうかを、入試という形で判断されます。

逆に言うと、受験に受かるだけの力がなければ入学した後にしんどいわけです。卒業できないかも。

受験勉強をどれだけ頑張ったかで進学先が決まりますので、入試直前期に厳しいという判断をしたのなら志望校を選択し直すことが正しいと言えるでしょう。

行きたい!でも行けない!

このような状況では先に進めないということですからね(;´・ω・)

この現象が、浪人を繰り返す人というわけです。

大学受験は何回もチャレンジすることはできますが、その都度1年という大きな時間が削られるのです。

自分の中で期限を設けなければ、何年も受験生のままということです。

よく考えて、選択しましょうね。

夢を見てもいいけど、夢見心地のままでは受からない!

最後まで諦めない人が最後に勝つと言います。

それはある意味真実なのですが、行動が伴わないと絶対に叶いません。

蒔かぬ種は生えぬってやつです。

これをはき違えてしまうと、浪人ループに陥ります。

行きたい大学と受かりやすい大学が違うのは、当然です。

諦めたくないなら、行きたい大学を受かる大学に変えるように行動し努力しなければなりません。

行動と努力は志望校に受かる為の勉強量に直結します。

当然、偏差値が高い大学はそれだけの知識量と問題を解く力が必要です。

入試日は皆平等に決まっているので、期限以内に力をつける必要があります。

それが間に合わなかった、もしくは方法を間違えていたら行きたい大学には受かりません。

受け続ければいつかは合格する…と考える人もいるようですが、受けるだけなら誰でもできます。

勉強方法を間違うということは、目的地への道を間違えながら進んでいるということです。

道を正さなければ、永遠にたどり着くことはないでしょう。

行きたい大学を受けてもいいけど…

受験する大学を選ぶのは本人の自由です(お金を出す保護者との話し合いも必要ですが)

ただ、見込みがない大学だけを受けることはリスキーです。

受からない確立が高いので、併願校の中にはほぼ確実に受かるであろう滑り止め大学を設定しておくことをオススメします。

また、今年ダメなら来年頑張るといったように浪人覚悟で受験する人もいるでしょうけど、勉強方法を間違えると何年浪人しても受かりません。

浪人する場合は、もう1年勉強して受かる見込みがあるかどうかを見出せなければ浪人しない方が良いです。

これ絶対!

◆それでもやっぱり志望校を諦めたくない!

分かりました!

そこまで強い気持ちがあるならやってみましょう。

現時点で志望する大学に受かる見込みがない場合は、勝負できる基準まで持ち上げる為にスケジュールを組み直す必要があります。

自分の学力がどの段階なのか。

志望校の学力までどれくらい差があるのか。

しっかり自覚する必要があります。

スケジュール調整を間違えたまま、今までと同じ勉強方法だと結果は見えてきます。

まあ、大抵の場合は残り時間少ない中勉強が足りていないという状況なので、ラストスパートでかなりの量を勉強する必要があります。

この期に及んでスマホをいじっている人は、本気で受験しようとしているか疑いますね(笑)

隙間時間を無駄にする人は、絶対に志望大学に受かりません!

何気ないスマホ見たいわけではないテレビダラダラ休憩、これら無駄な時間を全て勉強にあてて間に合うかどうかです。

本気で行きたい大学なら、本気で行動しましょう!

『無料受験相談』_______________

武田塾茂原校では随時無料の受験相談を行っております。
志望校選び、正しい勉強方法、偏差値を上げる方法、将来のこと、どんな内容でも個別に対応いたしております。

【武田塾茂原校 茂原の個別指導塾・予備校】
〒297-0023
千葉県茂原市千代田町1-10-8
Nビル 1F
外房線 茂原駅 徒歩1分

TEL:0475-44-5106
Mail:mobara@takeda.tv

アクセスはコチラ!


関連記事