無料受験相談・資料請求

秋から受験勉強間に合う?ショートカット勉強方法英語編

授業をしない塾の武田塾茂原校です☆

なんだか寒くなってきたような…

受験にとって大切な大切な夏が過ぎ去ってしまいました。

「夏は受験の天王山」なんて言われますね。

簡単な意味は、勝負や運命の分かれ目ということです。

つ・ま・り!夏は受験生にとって勝負の分かれ目ということです。

この話を聞いて、ヒヤッとした人も多いのではないでしょうか?

誰もが夏を有効に使って勉強できたわけではないでしょうからね( 一一)

じゃあ、夏に受験勉強をしっかりできなかった人はもう諦めるしかないの⁉という話になっちゃいます。

実は、そんなことはありません。

運動部に所属している人は、まだ部活で忙しかったという人もいるでしょうし…

ということで、今回は秋から受験勉強の間に合わせ方についてご紹介します。

今回は英語編です☆

※国語と社会編はコチラ!

◆武田塾式!英語のショートカット勉強法

英語は大学受験において切っても切れない科目です。

文系でも理系でも捨てることができない科目。

ごくまれに英語の試験がない学校もありますが、とても少ないですので他と併願することは難しいかと思います。

英語は習得までに時間がかかる科目です。

重い科目です。

けれども、時間がないならショートカットをして必要最低限の勉強で済ますことはできます。

時間がなければ演習を削るべし!

本来勉強とは、暗記(インプット)演習(アウトプット)が必要になります。

この二つを経て、ようやく自分の学力へとつながっていくのです。

しかし、受験勉強のスタートが遅れてしまって時間がないという場合、苦肉の策として演習(アウトプット)を削る方法があります。

時々、暗記(インプット)を削ってしまっている人をお見かけしますが、これは間違った勉強方法であり、もっと言うと自殺行為と呼べることなので絶対に止めましょう。

無い知識は使いようがありませんので!

演習(アウトプット)を削っても大丈夫なの?

大丈夫なの?と言われると、絶対に大丈夫とは言えません。

暗記したことを完璧に使いこなせる人でない限り、覚えただけでは使い物にならないからです。

だからこそ、本来は受験勉強を早めにスタートさせて暗記(インプット)と演習(アウトプット)に時間をかけなければならないのですが…ねえ…時間ないんでしょ?

ということで、この演習(アウトプット)は過去問で補いましょう!

過去問は志望校においての最高のテキストです。

過去問を問題集代わりとして使い、演習(アウトプット)を補う方法があります。

ただし、過去問の解説はあまり詳しくありません。

演習(アウトプット)用のテキストと比べればやりづらさがどうしても出てくると思います。

その為に暗記(インプット)は完璧にしておきましょう。

◆ショートカット勉強法にはリスクがある!

またまた部活に例えると分かりやすいので例えますが、自分が満足いくまで練習できてから試合に挑むのと練習が不十分なまま試合に挑むのとでは、どちらが安心できるでしょうか?

聞くまでもなく、練習量が十分だった方が良いに決まっていますよね。

試合に勝つためにみなさん過酷な練習をするわけですから。

それが、年に一度の大切な試合なのに練習がほぼできないままだったら不安ではありませんか?

勝ち負けにも大きく関わりそうですよね?

受験はこれと全く同じです。

練習量がすなわち勉強量に匹敵します。

ショートカット勉強方法とは、試合前にルールと基本的な動きの練習で試合に挑むようなものです。

もちろん人によっては、運よく勝てる人もいるでしょう。

相手が弱小チームならワンチャン勝てるかもです。

しかし、偏差値の高い上位大学だったら全国上位レベルのチームと勝負するようなもの…

余程のセンスがなければ太刀打ちできませんよね…

こう考えてみると、演習時間を多くとっていた人の方が強いわけです。

人の100倍勉強する気持ちで!

あまり悲観的になっても仕方ありませんので、短い時間でどう勉強するかを考えていきましょう。

少なくとも高校3年間分の知識が大学受験には必要です。(中学内容はもちろん!)

高校1年からコツコツ勉強していた人もいますし、高校3年生の春からしっかり受験生として猛勉強していた人もいます。

そんな中、夏をこえてから受験勉強を始めるとなるとどうするべきなのか?

感覚として、人の100倍勉強するつもりでいましょう。

それしかない!

少なくとも、自分が目で見える範囲の同級生よりは一番勉強するくらいにしましょう。

友達やクラスメイト、同じ学校の同学年より自分は勉強してる!と自負できるくらいに勉強するのです。

そうすれば、大学受験に間に合うのです!

入試内容は結局知識の集合体と言えます。

大量に暗記していけば勝てるのです!

ただ、それには一日の時間の使い方や自分のやる気も必要になりますからね。

残り時間が短いので、やる気が出る出ないとか言っている場合ではありません。

少ない時間で爆発させれば勝負できますので、最後まで諦めないようにしましょう!

国語と社会編はコチラ!

数学と理科編はコチラ!

『無料受験相談』

武田塾茂原校では随時無料の受験相談を行っております。
志望校選び、正しい勉強方法、偏差値を上げる方法、将来のこと、どんな内容でも個別に対応いたしております。

【武田塾茂原校 茂原の個別指導塾・予備校】
〒297-0023
千葉県茂原市千代田町
Nビル 1F
外房線 茂原駅 徒歩1分

TEL:0475-44-5106
Mail:mobara@takeda.tv

アクセスはコチラ!


関連記事