無料受験相談・資料請求

バレない授業中の内職方法を全て公開!完全保存版!

授業をしない塾の武田塾茂原校です☆

学校が休校だと勉強できないという人も多かったと思いますが、ぼちぼち再開しました。

気をつけながら、皆さん勉強に励みましょう。

さて、学校が始まったからといって順調に勉強できるかというとそうでもないのが世の常ですね。

ていうか、去年まで普通に学校の授業はあったわけで、その時にものすごく勉強できていたけど学校が休校になってしまったから急に勉強できなくなったというわけではないはずです。

気分的な問題だと思うんですよね…

テレビでは、授業が終わらないと言いますが授業があったからといってしっかり勉強できていた学生が多かったかというとそういうわけではないのです…

もともと勉強していなかった学生は、学校の休校期間を言い訳にしてしまいかねません。

非常事態なので、周りもあんまり強く言えませんし(´・ω・`)

勉強をするかしないかは、結局本人にその結果が返ってきてしまうのですよね…

そこで、学校が始まったら生活サイクルは整うはずなので授業中に内職しちゃいましょうって話です☆

ただ、真面目な生徒程内職するのに抵抗があるはず。

無理にとは言いませんが、授業の時間がもったいないな~とか、このままのペースだと受験までに間に合わないな~とか不安だったら内職すべきですね。

自分の為に!

勉強するクマ

◆完全保存版⁉授業中の内職方法とは

授業を真剣に聴いていて、ノートをとっていたという真面目な学生の皆さんにとってはいきなり内職しろと言われてもどうやればいいのか分からないでしょう。

内職はやり方を間違えると、先生に怒られて嫌な思いをしますしね(;^_^A

そこで、バレない授業中の内職方法を公開しちゃいます!

机の上に参考書を出すな!

先生に内職がバレてしまう理由は、授業と関係ない教科の参考書が机の上に出ているからです。

数学の時間に英語の文法書をやっていたり、古文の時間に理科の問題集をやっていたり…自分が一生懸命やっている授業を聴いてくれないので先生もご立腹ですね。

しかし、先生の為に勉強するわけではありませんよね。

勉強は自分の為、つまり受験の為です。

受験で使わない科目は、優先度が低いのは確かです。

先生の為に受験で使わない科目に時間を取って、必要な科目の勉強がおろそかになったら本末転倒です。

先生は、全ての教科を勉強しなさいと言いますが、時間的に無理!

そこは割り切って、先生にバレないように内職を工夫する必要があるのです。

まずは、バレる原因第一位の違う科目の参考書を机の上に出さないようにしましょう。

参考書は事前にコピーしてノートに貼れ!

参考書を出さずに勉強するにはどうすればいいのか?

その為には、しっかり事前準備をする必要があるのです。

それは、参考書を事前にコピーしノートに貼っておくのです。

そうすれば、机の上に出すものはノートだけで済みます。

ノートに貼りつけた参考書の問題を授業中に解いていれば、授業をしてる先生からは板書をしているように見えるわけです(時々、黒板を見ればなお良し!)

いや~策士ですよね~

事前準備が面倒だという人はいるかもしれませんが、先生に邪魔(ごめん)されずに内職ができるのでとてもはかどります。

怒られてもへっちゃらという人もいますが、先生の目が怖いという人は是非実戦してみてください!

ノートに貼れないものはカラークリアファイルに入れる!

内容によってはノートへ切り貼りすることが難しかったり、上手くいかないものもあるでしょう。

その場合は、最終奥義カラークリアファイルです!

色がついたクリアファイルに参考書をコピーした紙を入れておき、それを見ながらノートで勉強するのです。

カラークリアファイルに入れた中身は、教壇からは反射して見えません(笑)

時々先生が巡回するパターンもあると思いますが、その時はクリアファイルをさらっと裏返してしまえばモーマンタイっす!

どうでしょうか、この方法!

学校の先生が怖くて、内職反対派で、バレるのが嫌だという人は是非試してほしいです!

◆そこまで必死に内職をしなければならない理由とは?

授業中の内職って、なんだか邪道ですよね(;´・ω・)

先生の授業をしっかり聴いて、成績が上がっていくのが美しいように見えますが…ではどうして塾や予備校に通う受験生が多いのでしょうか??

それは、学校の授業だけでは受験に間に合わないと心のどこかで思っているからではありませんか?

でも、今度は塾と予備校に通っていれば大学に合格できると考えるかもしれませんが、そんなことはありません。

結局は自分の勉強次第ですよね。

入試日までに志望大学に必要な知識が全て入っているか、解けるようになっているかで勝負が決まります。

授業が悪いとか意味ないとか言いませんが、自分に必要なものなのかは見極めなければなりません。

授業についていけない状態になっているなら、その前の単元が身についていないのかもしれません。

だったら授業を聴いている場合ではなく、復習をする必要がありますよね?

授業が簡単すぎる場合も同じです。

授業はライバルと足並みをそろえることしかできないので、大学受験という勝負の世界では気づいた時には置いてかれている可能性があります。

大学に合格できる人とは、自分に必要な勉強を見極めることができる人なのです。

授業をぼーっと聴いている人は、結果が悲しいことになります。

自分でやる勉強において、何が必要なのか分からないという人またはどうやればいいか分からないと悩んでいる人は武田塾茂原校の無料受験相談に来てみてくださいね~

『無料受験相談』_______________

武田塾茂原校では随時無料の受験相談を行っております。
志望校選び、正しい勉強方法、偏差値を上げる方法、将来のこと、どんな内容でも個別に対応いたしております。

【武田塾茂原校 茂原の個別指導塾・予備校】
〒297-0023
千葉県茂原市千代田町
Nビル 1F
外房線 茂原駅 徒歩1分

TEL:0475-44-5106
Mail:mobara@takeda.tv

アクセスはコチラ!


関連記事